ハイデルベルク滞在記

ドイツのハイデルベルクで半年間生活することになりました。生活の記録です。

174日目 -カサ・ミラ、カサ・バトリョ-

今日は金曜日。ボスは出張中ということもあり、みんなのんびりムード。私は最後の仕事のために今週、来週と忙しい。帰国が迫る中、メンバーから「ずっといなよ」とか、「まじめに移籍できないの?ご主人も連れておいでよ」と言ってもらえ嬉しい限り。きっと終わりがあるからよく見えている、というフィルターもあるのだろうけど、皆本当に良くしてくれるので去りがたい。

 

今回のバルセロナ、ローマ旅行で撮影した写真は2000枚を超える。思ったより少ない。きっと母とガイドさん無しで一人で気ままに回っていたら、もっと枚数が増えていたのだろうと思う。思ったより少ないと言っても現像は大変、でも楽しくもある。

今日は、バルセロナ旅行初日に回ったガウディ建築であるカサ・ミラとカサ・バトリョの写真を。

まずはカサ・ミラ。エントランスの様子。色と形、ランプまで素敵。

_DSC6663-34

 

カサ・ミラで特に印象に残っているのは屋上!この日はお天気に恵まれ、素晴らしい青空でした。いつもは曇りのほうが光の感じが好きなのだけれど、この青と光の強さがスペインらしく、モニュメントにもばっちり合う。なるほどと思った。

_DSC6616-28

 

遠くにはサグラダ・ファミリアも見える。

_DSC6610-1

 

屋上には起伏があってとても楽しい。

_DSC6577-24

 

屋上で一枚。_DSC6583-26 

カサ・ミラから歩いてすぐそばにあるカサ・バトリョ。目の前には沢山の人。

_DSC6773-1

 

 入り口の階段を登ったところ。曲線と色に溜息がでる。

_DSC6670-37

 

 吹き抜けもある。青タイルが最高に素敵!木の枠も曲線が素晴らしい。

_DSC6765-48

 

カサ・バトリョ室内。ライトも壁も天井も窓枠もドア枠も、どれをとっても本当に素晴らしい。

_DSC6684-1

 写真はもっともっと撮っていて、ここに載せるととんでもないことになるので、他はFlickrに載せました。Flickrに載せるとどうしても画質が落ちる。空の感じは、本当はもっときれいなのだけれど・・・

 

この2つは本当に行けてよかった。建物は細部を見れば見るほど狂気じみていて、何だかざわざわした気持ちになった。でも一番インパクトがあったのはカサ・ミラの屋上かな。天気のせいもあるだろうけれど、撮影が本当に楽しかった。屋上のモニュメントや色は、ああ、この空の青と光に合わせたんだと勝手に解釈している。 

 

明日はニュルンベルクのクリスマスマーケットに行きます。そろそろ職場や友人へのお土産を本気でゲットしなければ・・・

173日目 -ローマでの食事回想-

ローマでの食事を忘れないようにメモ。味的な外れは全く無かった。どれを食べても美味しかったです。

 

1日目

おやつ: Antico Caffè Greco

アンティコ カフェ グレコ 口コミ・写真・地図・情報 – トリップアドバイザー

1760年創業。グッチやプラダが立ち並ぶコンドッティ通りのスペイン広場寄りにある。雰囲気が良さそうだったのでたまたま入ったら有名店だった。エスプレッソとカプチーノ、カンノーリとティラミスを注文。単価はとても高め。まあ観光代ということで。どれも美味でした。母曰く、エスプレッソは特に美味しかったそう。

 

夜: Hostaria da Vincenzo

ダ ヴィンチェンツォ (ローマ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

旅行会社にもらった冊子に書いてあったお店。日本語メニューあり。お店の人がフレンドリーでとても気持ちよく食事出来た。ズッキーニの花のフリットが悶絶するほど美味しかった。牛肉のカルパッチョは牛肉の味が全然しないものの、ルッコラとレモン、オリーブオイルが非常に美味しかった。パスタは白身魚とアーティチョーク。美味しいけど焼きそばっぽかった。エビ嫌いの私でも手長エビのグリルはとても美味しかったです。

 

2日目

昼: Le Sorelle Bandiera (ナポリ)

Pizzeria Le Sorelle Bandiera, Napoli - Ristorante Recensioni, Numero di Telefono & Foto - TripAdvisor

観光ツアーに組み込まれていたお店でお昼。ツアーに組み込まれているお店だし全く期待していなかったのだけれど、なんと人気店らしい。お店の人に、ジローラモがうちでピザ作ったよ!と言われる。人気店だけあって、外はものすごい人が待っていた。ナポリピザ、さすが美味!皮が美味しい。なんと一人一枚だったのだけれども、ぺろりと食べられました。ナポリは人気店に人だかりができているので非常にわかりやすい。 

 

おやつ: Caffè Gambrinus (ナポリ)

ガンブリヌス (ナポリ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

スフォリアテッラを食べたいとガイドさんに伝えたところ、一番おすすめのお店はあまりにも混雑していたため、ここに連れて来てもらった。ここも創業が古く、お店はとても雰囲気があった。スフォリアテッラは最高に美味しかった!中はさっぱりで皮はパリパリ。あと10個くらいいけた。 

 

夜: Al 34

Al 34 (ローマ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 スペイン広場近くのお店。前菜で頼んだアーティチョークの4種盛りが美味しかった。あと、お通しででてきたひよこ豆のスープが美味しかった。どれも外れなく、店員さんの対応も良く、日本語メニューもあったので良かった。店員さんに「バンコクから?」と聞かれたのが印象に残った。タイ人には何回も間違えられているのだけれど、バンコクピンポイントで聞かれたのは初めてだった。

 

3日目

昼: Caffe Vaticano

Caffe Vaticano, Rome - Restaurant Reviews, Phone Number & Photos - TripAdvisor

バチカン美術館入口前のカフェ。トリップアドバイザーの評価が最低で笑った。スパゲッティは普通に美味しかったのだけれど。 

 

おやつ: Antico Caffe Vitti

Antico Caffe Vitti, Rome - Restaurant Reviews, Phone Number & Photos - TripAdvisor

買い物に疲れて立ち寄ったカフェ。スペイン広場近く。クッキー、ミニピザにポテトチップスは何とお通し!お通しをもらえると嬉しい。日本語メニューあり。

 

夜: Macchenoni restaurant

Ristorante Maccheroni (ローマ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 

 ローマ最後の夕食。店員さんの感じがよく、小さいお店だけれど席は満席だった。おじさん一人客が数人いて、地元の人が多い良いお店だという印象を受けた。大好きなカネロニがあって満足。ペコリーノロマーノと蜂蜜は最高だった。甘じょっぱいの、最高・・・ああ、もう一度食べたい。

単価はものすごく安い。量が多い。提供がめちゃくちゃ早い。大衆食堂風。もっと食べたかったのだけれども、まさかのクレジットカード機故障、現金の持ち合わせも少ないということで泣く泣くデザート無しで退店。

 

デザート: Hotel Hassler

Hotel Hassler (Rome, Italy) - Hotel Reviews - TripAdvisor

デザートは宿泊先のホテルで。ここで食べたピスタチオと生姜のジェラートは、脳みそが揺れるほど美味しかった。まあ、2 scoopsで11ユーロだけある・・・

 

朝ごはんもhotel hasslerで。

美味しかったな−。

 

欲を言えば、もっとパスタを食べたかった。ナポリピザは本当に美味しかった。スフォリアテッラも、美味しかった・・・・。イタリアは、また絶対行くんだ・・・

172日目 -バルセロナでの食事回想-

昨晩、バルセロナ・ローマ旅行から帰宅。かなりスケジュールがきつきつだったため、とても疲れた。今日から仕事しているのだが、まだまだ身体がだるく、18時過ぎに帰宅。今は20時前だが、目を開けていられないほど眠い。

でもここに書いておかないと旅行を忘れてしまいそうなので、眠さをこらえてまとめる。誤字脱字があったら申し訳ありません。

 

バルセロナは食べ物がとってもとっても美味しかった。母の希望で昼はバル、夜はミシュランのレストランへ行った。

以下、行ったご飯屋さんまとめ。

1日目

昼: Cerveceria Catalana 

Cerveceria Catalana (バルセロナ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

夜: ABaC 

ABaC Restaurant (バルセロナ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 

2日目

昼: Ciudad Condal

Ciudad Condal (バルセロナ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

夜: Enoteca

Enoteca Restaurant (バルセロナ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 

まずはバル回想。

1日目の昼は、Cerveceria Catalana

人気店だけあり、13時過ぎに入店するとほぼ満員状態。メニューをもらうものの、品数がたくさんあって迷う。とりあえずは前菜盛り合わせのようなものをオーダー。

小魚のフリット、貝の蒸したのに、エビのソテー?ししとうの素揚げとコロッケ。それにバゲット。ししとうの素揚げは岩塩が少しふってあって、とっても美味しかった。ていうかどれもうまい。

生ハムは悶絶するほど美味でした。。。。

最後にデザート。ホームメイドケーキとレモンクリームのケーキ。ホームメイドケーキは甘すぎたのだけれど、レモンクリームケーキは美味でした。

ビール二杯、ワイン1杯、サラダに前菜盛り合わせに生ハム、デザート二皿で60ユーロ以下。安い!!

 

2日目の昼は、こちらも人気店のCiudad Condal

2日目にガウディ建築を案内してくださった日本人ガイドさんに教えてもらい、一緒にランチを食べた。ガイドさんおすすめメニューも注文してもらい、一日目の昼よりも美味しいものを食べることができた。

まずは生ハム。あああ美味美味・・・見た目ほどしつこくなく、香りがものすごくいい。バゲットと一緒に食べると止まらない。

ナスとパプリカをグリルしたものの上に、ヤギのチーズが乗ったもの。酸味があってとても美味しい!

ホタルイカフリット、マテ貝のソテー、アーティチョークのスライスチップス、カラマリ。特にホタルイカとマテ貝とアーティチョークは悶絶級でした。ホタルイカフリットの歯ごたえよく、マテ貝はぷりぷり、アーティチョークはとっても香ばしい。あー。

デザートはカタルーニャ地方名物のクレマカタラーナにチョコレートケーキ。クレマカタラーナはドイツでも食べたことがあるのだけれど、ハズレ無し。でもチョコレートケーキの方が美味しかった。

こちらも東京では信じられないくらい安い。そして早い。

平日だったため、バルにはスーツ姿のお客さんもいた。みんな昼から酒を飲んでいる。私たちが店を出る14-15時ころには、席を待つお客さんの姿もあった。両日並ぶことなくテーブルに着席できてラッキーでした。

ちなみに一般的なスペイン人の食事の時間帯は、昼は13時半から、夜は早くても20時半からと大分遅めらしい。

 

そして夜ご飯一日目はABaC。

まず、レストランへはインターホンを押して門を開けてもらって入る。インターホンではスペイン語で応答されるも、英語を話すと英語で開けてくれた。

コースは二種類。選ぶのも面倒だったので、とりあえず品数が多い方を注文した。ちなみに私は炭酸水を飲んでいました・・・酒は飲めない!

味はもう文句なく美味しかったです。というか、食にそこまで興味の無い私が食べていて何だか申し訳なくなった。下の写真は食べたものの一部。

デザート第一弾、ホットチョコレート。このかわいい器具で目の前で作ってくれる。

金具の中にはバニラやクローブ、シナモンなどのスパイスが入っている。

ホットチョコレートを飲んだ後は、余ったホットチョコレート液体窒素で凍らせてムース?にする。お兄さんがガラスの器にホットチョコレートを入れ、液体窒素を注ぎながら片手でホットチョコレートをかき混ぜる。

中央がお兄さん作の元ホットチョコレートアイス。ビターで美味。

メニュー。

品数はもちろん、パフォーマンスもあったので、なんと21時過ぎから始まった食事は0時半に終わった。母親は時差ボケもあり、途中で寝落ちしたりしていた。ちょっと食事時間長すぎたけれど、とても美味しかったし、一人では死んでもこんなところに来ないのでいい経験でした。

 

2日目の夕飯は、Enoteca.

この日はコースではなくアラカルトで注文。どれもこれも死ぬほど美味しかったのだけれども、一番美味しかったのは、人参のニョッキ。人参のソースは爽やかで適度な甘みがあって、ニョッキの上にのったぷりぷりのエビとぴったりだった。あと、きのこのリゾットも美味しかった。。。デザートは、レモンのデザートと乳製品のデザート。

ここも食事時間は三時間半と、ゆったりだった。なので、またしても途中で母がダウン。私はこの日もアルコールを飲まなかったのだけれど、桃のジュースを頼んだ。桃のジュースは完璧に不二家ネクターの味がして、ネクターの偉大さを感じた。

 

バルセロナでは、何を食べても美味しかった。

だけど私には、ミシュランのお店よりも手軽で素早いバルの方が合っていると思った。バルには毎日行きたい。毎食バルで食べたい。ああ、またいつか行きたいな・・・。

 

170日目 -ナポリ散策-

今日は朝7:30の観光バスでローマからナポリへ。

 

ナポリ観光ハイライト

  • スパッカナポリはカオス
  • 地下遺跡は通路が狭すぎて焦った
  • 世界遺産だと後から知る
  • ピザ屋で「マイフレンドのジローラモNHKで来てうちでピザつくったよ」と言われる
  • スフォリアテッラうまああ
  • イタリア最古のカフェGambrinusにたまたま行けてラッキー

スパッカナポリの下町ぐあいは結構カルチャーショックだった。

マルゲリータは一枚ぺろりと食べられた。美味でした。

 

クリスマス前は混雑するらしい。で、今日は特に混雑していたそう。ぎゅうぎゅうのぎゅうぎゅうで、前に全然進まない状態。

_DSC7813-1

 

地下遺跡ツアーでは、ろうそくを持って狭い狭い通路を進む。ろうそくがないと完璧な暗闇。

_DSC7895-1

 

地下40メートルの貯水槽。古代ローマの時からあるそう。時間的感覚が狂う。_DSC7900-1

 

15世紀に建てられた建物に人がまだ生活している奇跡。_DSC7937-1

 

この少年の後ろのビルの下に、古代ローマ遺跡が眠っている。。。

_DSC7954-1

 

スパッカナポリはまさしく映画の中のような街で、今まで行ったことがないような場所だった。一日ではとても体験できなかった。

明日はいよいよちゃんとしたローマ観光。

169日目 -ローマ着-

今日は早起きしてバルセロナをぶらぶらし、お昼ごろローマへ発った。

到着後、まずは行ってみたかったサン・ピエトロ大聖堂へ。長蛇の列の前に大聖堂へ入ることを諦めた。まあ、明後日美術館の入場を予約したのですんなり入れることを期待する。

 

とりあえず今日のハイライト備忘録。

  • サン・ピエトロ大聖堂からホテルへ帰るのにタクシーに乗ったところ、往路の三倍の値段を提示された。高すぎる!と出発前に一度乗り込んだ車から下車。そうすると他のタクシー運転手が、往路の2倍、1.5倍の値段をふっかけてきた。10ユーロじゃないとダメ、と全部断って結局歩きで帰った。
  • たまたま入ったカフェがローマ最古のカフェだった。1720年創業とか江戸時代ではないか。ティラミスうまい。
  • 街のいたるところに大きな石像がぼんぼん建っていて、まるで街全体が美術館のよう。
  • イタリア人はかっこいい(母の感想)。
  • レモン味のデザートにハズレはない。

明日は早起きしてナポリへ行く予定。

連日明らかに食べ過ぎているのでいよいよ胃腸の調子が良くない。

_DSC7585-1

_DSC7657-1

_DSC7590-1

 

 

167日目 -バルセロナ 1日目-

今日は怒涛のバルセロナ一日目。スケジュールを忘れないうちに書き残しておく。

 

午前中

凱旋門→モンジュイックの丘→サグラダファミリア→カサ・ミラ

 

昼食

Cerveceria Catalana

 

午後

カサ・バトリョ→エル・コルテ・イングレス→ホテル→旧市街ぶらぶら

 

夕食

ABaC

 

今日のハイライト

  • ガウディすごいぃいぃぃい
  • 生ハムが最高に美味しい
  • 夕飯がまさかの21:15から
  • 夕飯終了がまさかの0:30
  • 夕飯は最高に美味でした

 

凱旋門ちかく

_DSC6183-1

 

モンジュイックの丘から_DSC6238-1

 

サグラダファミリア!!_DSC6359-1

 

カサ・ミラ_DSC6550-1

 

ABaC

食べたものメニュー(どんだけ食べたんだ)

 

お天気に恵まれて本当に幸運。ドイツほど寒くないので散策が非常に楽。まさかの夕飯に四時間でたくさん食べられたものの、本当に疲れた!

明日もガウディ巡り。さあ寝るぞ・・・・

166日目 -クリスマスマーケット-

今日は職場を早退して、夜の便でフランクフルトからバルセロナへ。

 

昨日はお客さんを連れてチームのみんなで夕飯を食べに行った。夕飯前に、みんなでダウンタウンのクリスマスマーケットをのぞいた。

クリスマスマーケットは月曜日から始まっていたらしい。Bismarkplatzのデパート前に一箇所、後はHauptstrasse沿いに数カ所、出店が集まっている。

 

いつものHauptstrasseはすっかりクリスマスムード。

f:id:doitsux:20151125001944j:plain

f:id:doitsux:20151125001948j:plain

クリスマスマーケットといえば、Gluweinと呼ばれるホットワイン。お店の前にはホットワインのスパイスの香りが漂っている。それとともに、肉がグリルされるいい匂いも。ちなみにホットワインのマグカップは毎年異なっていて、持ち帰り自由らしい。記念に毎年とっておいているよ、という同僚もいた。

f:id:doitsux:20151125001946j:plain

f:id:doitsux:20151125001947j:plain

クッキーやクレープの出店も出ている。その他にも、チョコレートや、クリスマスのオーナメント、キャンドル、手袋や帽子屋さんなどが軒を連ねる。どれもこれもかわいくて、帰国前だというのに一気に荷物が増えそうな予感・・・

f:id:doitsux:20151125001945j:plain

f:id:doitsux:20151125001950j:plain

f:id:doitsux:20151125001949j:plain

f:id:doitsux:20151125001951j:plain

小さなお店が並んでいるのはとてもかわいい。そしてとにかく皆幸せそう。家族連れも多かった。Universitatplatzのクリスマスマーケットには、メリーゴーラウンドもあった。ちなみにお店は21時くらいに閉まるらしい。

 

昨日は夕飯の前で時間がなかったため、みんなで軽く流して終わったが、再来週にボスも含めて職場の皆全体でクリスマスマーケットに行くことになった。今からとても楽しみ。

さて、明日からは怒涛のバルセロナとローマ観光。

明日の予習をして眠る。