ハイデルベルク滞在記

ドイツのハイデルベルクで半年間生活することになりました。生活の記録です。

175日目 -ニュルンベルグのクリスマスマーケット-

帰国までいよいよ9日。

今日は遠出ができる最後の土曜日。どうせなら一番有名なクリスマスマーケットに!ということで、ニュルンベルグに行って来た。ニュルンベルグへは、ハイデルベルグから長距離バスで片道3時間。往復でも40ユーロとお手頃。ありがとうFlixbus。

ニュルンベルグをぶらぶらしたのは実質6時間。一人でも撮影がとっても楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまった。気づいたら全く座っていなかったので、帰宅してから脚が死ぬほどだるくなっている。

 

疲れて現像する気力が残っていないので、とりあえず、何となく雰囲気が出ている一枚を。

_DSC8906-1

 

有名なクリスマスマーケットということだけあって、暗くなってからはものすごい人だった。でも、人が沢山いた方がお祭りっぽくて楽しい。思っていたよりも広くなかったけれど、ものすごく密度が濃かった。

お店はどれも可愛く飾り付けられていて、道もあちらこちらにクリスマスツリーや照明が取り付けられていて、気分も盛り上がる。そして何よりあちらこちらから漂ってくる、グリューワイン(ホットワイン)やソーセージ、ワッフルやクレープなどのいい匂い!最高!

 

屋台でも沢山食べた。

焼いた短いソーセージが三本挟まっているサンド。マスタードはお好みで。

味がしっかりしていて超おいしい。パンにソーセージを挟んだだけなのにこんなに美味しいのに驚き。

 

上のサンドイッチを食べた直後だったけれど、あまりに美味しそうだったので買ったポークハンバーグサンド。カレー風味の玉ねぎ炒めと共に。ハンバーグは、今まで食べたハンバーグの中で一番美味しかった。ふんわりしていて、肉汁もたっぷり。焦げ目も美味!

 

グリューワインのカップは各クリスマスマーケットで毎年異なっていて、みんなそれをコレクションするのが1つの楽しみだそう。そんなにワインは飲みたくないけどカップは欲しい・・・と思っていたところにグリューワインのカップでコーヒーをいれてくれる屋台を発見!下戸でも安心(というかどこでもカップだけでも買えます)!

カプチーノ。カップは3ユーロで、持って帰っていいし、お店に返すと返金してくれる。今年のニュルンベルグのカップのデザインはこれが主流のようだった(後で異なるデザインのカップもゲット)。

 

あまりにいい匂いがするので買ってしまったワッフル。イチゴのせ。ふわふわで軽くて美味しかった。イチゴはそんなに甘くなくて、酸味があったのが◎。

 

日が暮れてきて身体が冷えたので飲んだグリューワイン。ワインをそんなに飲まない私でも飲みやすい味で、身体がじんわり温まる。これを飲みながらなら、ずっと外にいられる。このカップでは2011年のデザインだそう。これもお持ち帰り。

 

グリューワインは200ml。酒に弱い私は結構いい気分になってしまって、その後も楽しく歩けた。グリューワインを飲みながらの散策は超楽しい。一人でこんなに楽しいんだから、友達や夫と行けたらもっと楽しかっただろうなと思う。ドイツ人がクリスマスを楽しみに待つ気持ちがよくわかった。

 

帰り際にもういっぱい飲んだブルーベリーのグリューワインがまだほんのり効いていて、いい感じにねむだるい。

明日は日曜日だけども仕事。ああ、今日は楽しくてよかった。